講演会のご依頼

「話が聞けてよかった」「肩の力が抜けて、元気が出てきた」
各地で大好評のぴっかりの講演会。文章だけでは味わえないライブのメッセージ!

 数百組以上の親子カウンセリングの経験をもとに、子どもとの接し方のツボ・親のイライラ解消法など「癒しの子育て・親育ち」のエッセンスをわかりやすく紹介。笑いあり、涙ありの2時間で、きっと心がほかほか温かくなってくるはずですよ。
 「プレママ、小学生・中学生、発達障害児の親向けの講演会」「癒しのレッスン実技講座」「子育て支援者・保育士など専門家向けの研修会」も好評です。

 

内容の一部ご紹介
  幼児の親向けの子育て講演会の一例
「心を抱きしめると子育てが変わる」~ 親子で一緒に育っていけばいい~
 子育ては楽しいもの。でも泣かれたり、ダダをこねられたりすると、ついイライラしてしまいますね。実は、子どもの“泣き”や“ダダこね”の裏には、「ママ、大好き!」という子どもからの素敵なメッセージが隠れています。このことに気づくと、子育てのピンチを、子育てのチャンスに変えることができるのです。「親子でともに手を取りあって成長していける子育てのコツ」を、多くの親子の実例を紹介しながら、わかりやすくお話していきます。

【参加者の感想】
楽しく納得のできるお話で、あっという間に時間がたってしまいました。もっとたくさんお話を聞きたかったです。(2歳女児の母)
本は読んでいましたが、実際にお話を聞くと、新しい発見がたくさんありました。子どもにも、自分にも、優しくなれそうです。(5歳男児の母)

親向けの実技講座の一例
「子育てママのためのメンタルケア講座」~心の余裕を取り戻す癒しのレッスン~
 良い親になろうと思っても、ついイライラしたり、落ち込んだり…。でもそれは努力が足りないせいではありません。悪循環を抜け出すコツは、自分が抱え込んでいる“感情”に目を向けること。この講座では、たくさんの実技を織り込みながら、「自分の心に向き合うコツ」「子どもの心を受けとめるコツ」を、実感として体験していただけます。

【参加者の感想】
どうして今までイライラばかりしていたのか、その理由がわかって、目からウロコでした。(0歳児の母)
リラックスのワークでは、なぜか涙が止まらず、知らず知らずのうちに無理をしていた自分に気づきました。心が軽くなり、保育ルームにいる子どもと早く会いたくなりました。(3歳児の母)

保育士向けの研修会の一例
「保育に生かすカウンセリングの技術」~“むずかしい子”との関わり方を中心に~
 最近の保育の現場では、“経験”だけに頼っていたのでは立ち往生してしまう場面が多くなってきました。この講座では、すぐキレてしまう子・集団参加ができない子・多動な子など、気持ちが理解しにくい子どもの「心のメカニズム」をお話しし、ていきます。同時に、現場でどのように対応していったらよいのか「具体的な対処法」を学んでもらいます。ケース検討方式(出席者に事例を持ち寄っていただき、接し方の工夫を提案させていただく)も可能です。

【参加者の感想】
クラスで担当している子どもの顔を思い浮かべながら、お話をうかがっていました。すぐに役立ちそうなヒントがいっぱいもらえました。園に戻ったら、さっそく取り入れていきたいと思います。(保育士・経験12年)

 


◆ぴっかりプロフィール◆

萩原 光(はぎはら・こう)‥‥子育てカウンセラー
1956年生まれ。早稲田大学卒。千葉県でシャローム共育相談室を主宰し、多くの親子の立ち直りを援助。そのかたわら、雑誌の連載・講演活動などを通じて、「癒しの子育て・親育ち」(抱っこ法)の普及に力を注いでいる。自ら運営するホームページ「ぴっかりさんの子育て相談室」は、多くのママたちの支持を集める人気サイトとして有名。日本抱っこ法協会理事。

著書:

『心を抱きしめると子育てが変わる』(主婦の友社)
『子育てと自分さがしが出会う場所』(主婦の友社)
『ちょっと気になる子の育て方』(学陽書房)

ご連絡・お問い合わせ

お電話・・・090-6142-9456

メール・・・picari@nifty.com


「なるほど」「参考になった」という方へ
いいね!・シェア、コメントお願いします。